スネ毛のお手入れ

男性のムダ毛処理の中でも、意外と「さじ加減」が難しいもののひとつが、スネ毛の処理です。

 

女性なら「スネ毛はツルツルにそる!」というのが当たり前なのですが、男性がスネ毛をツルツルにそると、違和感を覚える女性も少なくありません。「芸能人ならスネ毛を完璧に処理する、というのも分かるんだけど一般人にはそこまで求めない」という声だけでなく、「男でスネ毛がツルツルすぎたら、オネエ系かと疑ってしまう」というような声まであるほどですからね。

 

ですが、いくら男性であっても、もじゃもじゃの濃いスネ毛はやはり目立つし、ある程度は何とかしたい、というのも正直な気持ちですよね。

 

そんな「さじ加減を考えた、男性にとっての適切なスネ毛処理」について考えていきましょう。

 

手軽でおすすめ!バリカンを使ってのスネ毛処理

男性のスネ毛処理の方法としてもっとも簡単でおすすめなのは、髪の毛用の「バリカン」を使うことです。

 

髪の毛用のバリカンを使うことの最大のメリットは、「ある程度の長さを残しつつ、ムダ毛を効率的にカットできる」ということです。

 

バリカンでのスネ毛処理で、「いかにもスネ毛をそりました、切りました」という感を出さないためには、カットの際の長さ設定を、1センチ程度にしておくのがおすすめです。

 

「1センチとは、ちょっと長すぎないか?」と思う人も、まずはこの設定でやってみて下さい。やってみれば意外と、「この長さぐらいが自然でちょうどいい」と感じられると思います。

 

「それでもどうしても、スネ毛のもっさり感が気になる」という場合は、6〜7ミリの設定にして、もう一度カットしてもかまいません。しかし、それ以上短くするのはやめましょう。なぜなら5ミリ以下の短いスネ毛というのは、いかにも「短く切りました」という感が出て、見た目にも不自然になってしまいやすいからです。

 

体毛用シェーバーを使う際の注意点

最近では男性用の体毛用のシェーバーというものも出回りつつありますが、こちらを使ってスネ毛処理をしようとする場合は、ひとつ、注意してほしい点があります。

 

それは・・・「必ず、ムダ毛処理の際の毛の長さを調節できる機能がついているものを選ぶこと」です。何でもかんでも短く、あるいはツルツルにしてしまうようなシェーバーを選んではいけません。「複数のアタッチメントで、好きな長さが選べる」というタイプのものがおすすめですよ。

 

「脱色」という手を使うのもあり!

バリカンや体毛用シェーバーでのカットによるスネ毛処理は、どうしても出来ばえが気に入らない、という人は、脱色剤を使って、スネ毛そのものの色を目立たなくしてしまう、というのも意外と効果的です。

 

ただし、脱色剤というのは「無理やり色を抜く」という性質のものだけに、皮膚に与えるダメージもなかなか強烈です。ですから、スネ部分の皮膚にトラブルがある人が使うのは絶対にやめましょう。

 

また皮膚トラブルがない人であっても、いきなり「スネ毛すべての脱色をやる」というのはやめましょう。まずは一部分で試してみて、「脱色部分の皮膚にトラブルが出ないかどうか」ということをしっかりと確認してから、広い範囲で使うようにするのが正解です。