医療機関でのムダ毛処理

より確実なムダ毛処理をしたいなら、脱毛効果の高さとしてはもっとも信頼できる「医療機関」での脱毛を検討してみるのもいいでしょう。

 

医療機関でのムダ毛処理のメリット

医療機関でムダ毛処理をする最大のメリットは、「国家資格である医師免許を持った医師によって、脱毛施術が受けられる」ということです。

 

医療機関であれば、かなり専門的な機器も使うことができますので、たとえば通販やエステサロンでもよくある「フラッシュ脱毛」ひとつを見ても、フラッシュそのものの効果がまるで違う、と実感できる人も多いようです。

 

また、針を使ったニードル脱毛は、医療行為ですから法律的には「医師にしかできない脱毛行為」ということになります。

 

つまり医療機関の脱毛というのは、「他の方法では真似できない、効果とレベルの高さが期待できる」というわけですね。

 

医療機関でのムダ毛処理のデメリット

では、医療機関でのムダ毛処理をするにあたってのデメリットは何なのかというと・・・まず挙げられるのは、「エステよりもさらに高くつくケースが多い」ということです。

 

脱毛というのは、当たり前の話ですが健康保険の適用対象外ですので、脱毛にかかる料金は、全額自己負担となります。
医療機関における「機器のレベルの高さ」だけでなく「医師の年収の高さ」も影響して、脱毛1回あたりの単価は、エステよりもかなり高めになっている、というケースがほとんどなのです。

 

「脱毛を安上がりにしたい」という人にとっては、つらい出費になるでしょう。

 

医療機関って、どんなところに行けばいいのか?

さて、ここで気になるのが「脱毛のために医療機関に行く、と言っても、どこに行けばいいのか」という点ですよね。

 

「メンズクリニック」と分類されているところから脱毛を取り扱っているところを探せば簡単なのですが、それだけではどうしても選択肢が狭くなってしまいます。「美容外科」「美容皮膚科」の標榜がある医療機関の中で、男性の脱毛をやってくれるところがないかどうか、という範囲で探すのが、もっともおすすめです。

 

ただし、メンズクリニック以外の美容外科や美容皮膚科においては、当然のことながら、女性客も多く来る、という状態になります。女性客の視線をどうしても気にしてしまいそうだ、という人は、完全予約制で、あまり他の患者と顔を合わせることがないよう配慮されているところを選びましょう。