永久脱毛しない方がいいムダ毛

女性だけでなく、男性のムダ毛も周りから気にされてしまうこの時代・・・
とはいえ、男性のムダ毛と、女性のムダ毛とでは、ちょっと「周りからの見方」というのが違うことをご存知でしょうか。

 

どういうことかというと・・・
女性の場合は「何が何でも、ムダ毛がなくツルツルのほうがいい」というのは間違いないのですが、男性の場合は、「ツルツルにはしないほうがいいムダ毛」というのもあるのです。

 

「全身ムダ毛なしのツルツル男性」は、なぜいけないのか?

全身のムダ毛というムダ毛を全部脱毛して、女性のようにツルツルな男性・・・これがどうしてダメなのか、という点について、あなたはご存知でしょうか。

 

答えは・・・少なくとも現代日本においては、男性がそこまで徹底的にムダ毛処理をするのは「普通ではない」と思われる可能性が非常に高いからです。
もっとストレートに言ってしまうと「男なのにここまでムダ毛を徹底的に無くそうとするなんて、この人はひょっとしてオネエ系ではないか」というレベルまで疑われてしまうことも多いんですよ。

 

そもそも、男性にムダ毛が多いというのは、「男性ホルモンがムダ毛の発生に影響を与えているから」という、立派な理由があるので、男性が女性よりも毛深い、ムダ毛が多い、というのはごく当たり前のことなのです。

 

そうした「当たり前」に逆らって、女性なみの「徹底した脱毛」をしてしまうと、周りの人は「人間としての本能的な部分」で違和感を覚えてしまう、という結果になってしまうわけです。

 

特に、医療機関やエステサロンなどでの「永久脱毛」で、全身ツルツルにしてしまうのは絶対におすすめできません。「このムダ毛は残しておいたほうがよかった」とあとから後悔しても、もう元には戻せませんからね。

 

胸毛や腹毛、背中の毛、指毛等であれば、永久脱毛しても一向にかまわないのですが、「永久脱毛するなら、その部位は慎重に選ぶべき」ということです。

 

「男性が永久脱毛すべきではないムダ毛」とはこれだ!

では、「男性が永久脱毛すべきではないムダ毛」とは、どこのムダ毛なのかというと・・・

 

まず筆頭に挙げられるのが、「ヒゲ」ですね。
ヒゲはだらしなく「生やしっぱなし」にしていると、確かに見苦しいものなのですが、きれいに整えているヒゲ、剃っているヒゲ、というのは、「男性らしさを象徴するシンボル」にもなり得る存在なのです。

 

ヒゲのそりあとさえ見当たらない男性に対しては、女性も自然と違和感を覚えてしまうものなのですよ。

 

次に・・・スネ毛についても、男性の場合は、女性と違って「ツルツル・永久脱毛」にするのはやりすぎです。これもやはり、「男性らしくない、違和感」というイメージにつながってしまいます。

 

そしてもうひとつ、これは意外に思う人も多いかもしれませんが、男性の場合、「ワキ毛をツルツルにする、永久脱毛する」というのもNGなのです。
女性の場合ならワキ毛というのは、「ツルツルにすべき、永久脱毛すべきムダ毛」のトップに挙げられる存在なのですが、男性が同じことをしてしまうと「ドン引きする」と答える女性も少なくありません。

 

つまりスネ毛やワキ毛も、ヒゲと同様に、人間として本能的に「男性なら、あって当たり前」と認識されている存在だということなのです。
いずれも、「モサモサ、大量」という状態なら、ある程度の処理をしておくことも必要ですが、ツルツルの永久脱毛というのはやりすぎ、逆効果になりかねない、というわけですね。

 

「女性ならどこでもツルツルにすればいい」ということで、考え方としては非常にシンプルでOKなのですが、男性のムダ毛処理というのは、こうして考えると実は女性よりもかなりややこしく、気を使わなければいけないものなのかもしれません。