自己処理によるムダ毛処理

数あるムダ毛処理方法の中で、もっとも「安上がりで、誰でもできる方法」
と言えば、何と言っても「自己処理」です。

 

ですが、ムダ毛自己処理というのは、手軽で安価でもありますが、
その分「やったことに対する結果はすべて自己責任で、しかもトラブル例も多い」というものです。

 

自己処理による各種ムダ毛処理のデメリットをしっかりと知っておきましょう。

 

毛抜きによるムダ毛処理は非現実的!?

自己処理によるムダ毛処理の中で、
「ムダ毛が生えにくい状態にする方法」
と言えば、毛抜きなどでムダ毛を引っこ抜いてしまうという手段です。

 

 

 

しかし、これは男性のムダ毛処理において、「非現実的」と言わざるを得ません。
ほんの数本だけムダ毛がある、という場合なら毛抜きで抜くのもいいですが、
大半の男性は、そんな「数本程度のムダ毛」では済みません。

 

 

数多いムダ毛を、1本1本毛抜きで抜いていく・・・
というのは、途方もなく労力と痛みがかかる行為です。

 

 

それだけの痛みをがまんして、労力をかけて、
やっとそれなりの範囲の脱毛ができるようになったと思ったら、
もう最初に抜いた部分から新しいムダ毛が生えてくる・・・などということも。

 

 

また、「毛を抜く」という行為は、毛穴に細菌が感染するなどして、
炎症を起こすリスクも高いという点でもおすすめできません。
これは毛抜きによる脱毛だけでなく、ワックス脱毛にも同じことが言えます。

 

カミソリによるムダ毛処理

カミソリによるムダ毛処理は、手軽なムダ毛処理としてはかなりおすすめです。
現に、ヒゲのお手入れと言えば、カミソリかシェーバーで「そる」というのが一般的ですしね。

 

 

そりあとの毛が太く見える、すぐにまた生えてくる、という大きな欠点を持っていますが、
毎日手入れする「ヒゲ」の対策には最適です。

 

 

ただし・・・逆に言えば、カミソリをムダ毛処理に使えるのは、ヒゲぐらいなものです。
腕や足の毛をカミソリで剃ってしまうと、生えてくる毛がさらに濃く・太くなってしまいます。

除毛剤によるムダ毛処理

カミソリほど「そりあとに残る毛」が目立たず、
皮膚表面に出ているムダ毛をきれいに処理できる方法としては、
除毛剤を使ったムダ毛処理、というのも挙げられます。

 

 

 

除毛剤に配合されている成分は、たんぱく質を溶かす性質を持っており、
これで「たんぱく質のかたまり」であるムダ毛を溶かして処理しよう、
というものなのですが、ひとつ、大きなデメリットがあります。

 

 

それは・・・皮膚もたんぱく質でできているため、
除毛剤を使うと、皮膚の組織も一部溶かされてしまう、ということ。
特に、皮膚表面の角質はかなり溶かされてしまいます。

 

 

こんなものをヒゲ処理に使うのは絶対にやめましょう。
顔の皮膚は体の皮膚より薄いので、
除毛剤による「角質溶かし」のダメージがより強く出てしまいます。

 

 

 

ではどこで使えばいいのかというと・・・
男性の脱毛において、除毛剤をおすすめできるケースというのはあまりないのですが、
あえて言うなら「広範囲に、胸毛や腹毛・背中のムダ毛が広がってしまっている人」
であれば、時々使ってみるくらいならやむを得ないでしょう。

 

脱色剤によるムダ毛処理

ムダ毛をそるのでも溶かすのでもなく、
「ムダ下の色を薄くすることで目立たなくさせる」という方法もあります。

 

 

スネ毛などの「ツルツルにしてしまうのは不自然」という箇所や、
指毛など「下手にカミソリでそるとそりあとが目立ち、すぐにチクチクしてしまう」
といった箇所に、こうした脱色剤を使ってみるのも、いい手かもしれません。

 

 

 

また、胸毛や腹毛・背中のムダ毛が「太くて濃いわけではないけど、多少はある」
という人であれば、脱色剤だけでもかなり見た目をごまかせる可能性大です。

 

 

しかしこちらも新しい毛が生えてくるたびに根元の部分だけ黒くなってしまい、
ある程度こまめにお手入れをしないとかなり不自然になってしまいます。

 

 

しかも脱色剤は、髪のブリーチ剤と似たようなものですから、皮膚刺激がかなり強いものも多いです。
ですから初めて使う場合は、いきなり広範囲に使用するのは絶対にやめましょう。
「スネ毛の一部だけ」など、目立たないところでテストして、安全性を確認しておくことが大切です。

 

自分でのムダ毛処理は不可能?

不可能ではありません。

 

ただこれだけのデメリットや手間を考えた上で、それでも家庭用脱毛機やエステなどにお金をかけたくないのであれば、一番現実的な脱毛方法は「除毛剤」です。
詳しくはコチラ