シェーバーによるヒゲのお手入れ

手軽なヒゲのお手入れ方法と言えば、何といっても「電気シェーバー」の使用でしょう。カミソリのように直接刃が肌に当たらないように設計されているため安全性も高く、初心者でも安心して使え、さらに「カミソリと比べると短時間でヒゲそりが終わる」というのも大きなメリットです。

 

ただし、電気シェーバーの使用法は、カミソリでのヒゲそりと少し違うところがあります。カミソリよりはどうしても、そりが浅くなってしまう電気シェーバーだからこそ、正しい使い方を覚えておきましょう。

 

電気シェーバー使用の基本

電気シェーバー利用の基本は、「カミソリとは逆方向にそる」ということです。
カミソリの場合、ヒゲの流れに沿ってそっていく、というのが基本なのですが、シェーバーで同じそり方をすると、うまくそれません。

 

シェーバー使用のヒゲそりの場合は、「ヒゲの流れと逆にそっていく」というやり方のほうが、はるかに効率がいいのです。ヒゲをそる際は、手のひらで軽く肌をひっぱるようにして、「ヒゲをそる部分」の肌を伸ばして平らにし、そこをヒゲの流れと逆方向にそる、というのが正解です。

 

シェーバーの動きは止めず、ゆっくりと常に動かしながら、きれいにそっていきましょう。

 

シェーバー使用で絶対にやってはいけないこと

シェーバーというのは、カミソリと比べると肌への負担が軽い、と言われていますが、間違った使い方をすると、カミソリ以上に肌に負担がかかってしまうことにもなりかねません。

 

シェーバー使用において、いちばんやってはいけない、間違った使い方とは、「シェーバーの先を、強く肌に押し当てる」ということ。

 

カミソリに比べるとシェーバーはそりが浅いため、それをカバーしようとしてシェーバーを肌に強くおしつけながらそろうとする人がいるのですが、これをやってしまうと、シェーバーの中にある刃の部分に肌が当たってしまい、カミソリでのひげそりと同等かそれ以上に、ダメージを与えることになってしまうのです。

 

「シェーバーは手軽さ・安全さではカミソリに勝るけれども、そりの深さだけはカミソリにはかなわない」ということを理解した上で、安全に正しく使用するよう心がけましょう。